こてネコくん

10年以上fxで勝てない こてネコくんが トレードスキルを上げようと始めたブログです。
今年はマイルールを守り勝てるようになってきました!
(たまたまかもしれませんが…)
日々のデイトレードを完全公開して奮闘中です。
30秒程で読める内容ですので読者様のトレードの参考になればと思います。
(投資の結果は自己責任でお願いします)

こてネコくんをフォローする

そりゃあユーロは売られますわな

2021/12/18(土)快晴

「来年 利上げはしない」と言ったラガルドさんのECBのユーロ

「来年3回の利上げを行なう」と言ったパウエルさんのFRBのドル

利上げイコール「その国の通貨は買われる」という図式がありますので、、

そりゃあ昨日くらいはユーロはドルに対して売られますよねえ。

そんな簡単な方程式を理解していなかった昨日のワタクシはユーロドル、ユーロ円をロングで挑んで見事に惨敗…

円のほうが「もっと売られる」と思っていたワケですが、、世界はやはりドルやユーロのほうが強く

まさに負けるべくして負けました。

では、何故利上げをした ポンドもドルに対して売られる結果になってしまったのか?

それは「相場は憶測やウワサのほうが強く動く」という事だと思います。

利上げをしてしまったポンドに対して ドルのほうは「来年3回以上の利上げがあるかもしれない」「利上げ率はもっと高くなるかもしれない」と言った憶測からの不安と、利上げをしてしまうと最初は買われるのですが、案外その反動でより売られるケースも良くあるからだと思います。

ポンド対ユーロではポンドのほうが買われおります。

利上げ>テーパリング(量的緩和の縮小)>緊急資産購入(コロナなどの)の縮小

という より強くなる経済処置の図式をもっと勉強しないと あきませんなぁ。

昨日の結果

ドル円 -35.1pips逆指値で損切り 22:01

ポンド円 ±0pips指値で逃げる 14:33 その後151.3でショートエントリー +52.5pips成行で利確21:03

ユーロ円 -44.8pips成行で損切り 01:06

ユーロドル -35.0pips逆指値で損切り 00:37

ポンド円をショートエントリーした時点で、ユーロも損切りしてドテンのショートをするべきでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました